龍の日記

水族館、ギター、旅行がメインの日記

価値観の話

ちょっと前の話。妻に「ちょっといい家に住んで食事は質素にするのと家は普通だけどその分食事にお金をかけるのとどっちがいい?」と聞いた。答えは後者だった。
なぜ聞いたかというと、隣の駅の近くにちょっと良さそうなところがあったから。隣の駅はターミナル駅だし、近年どんどん人気になっているし、色々と便利そうである。個人的には街の雰囲気も好きだ。その分今のところよりは家賃が高くなる。当たり前だ。じゃあ少し狭い部屋にすればいいじゃんというのはそうなんだけど、やっぱりLDK以外に2部屋は欲しいよねっていうのが夫婦の共通見解。妻に言わせると私の趣味の品が場所を取るらしい。
結局、引越しはしないというので落ち着いた。固定費が上がるというのはやはり問題だ。一回それに慣れると戻るのも大変だ。固定費が上がった分変動費を下げたら美味しいものを食べる機会も減る。ちょっと寿司でも食いに行くかーと思い立ったところでスシローやくら寿司にいくようなのはちょっと残念である。投資に回せるお金だって固定費が上がると必然的に下がってしまう。色々考えたらやはり動かない方がいいという結論。
こういう価値観があっているというのは家族として暮らす上で結構大事なことだなと思う。