龍の日記

水族館、ギター、旅行がメインの日記

無職系YouTuberとかに関して思うこと

コロナ渦で割と増えたような気がするのが無職系に代表される「持たざる者」なYouTuber。
個人的には割と好きなジャンルであるのだが、結構難しいなーと思うところがある。
独身中年派遣労働者と自らラベル付することによって一気に人気になったやっちゃんねるはブレイクして早々に専業YouTuberとなった。
こうなるとそもそも何も持っていないのを武器としていたはずなのに立場が違うものになってしまう。
単なる無名な一般人からある程度の知名度を持ってしまうし、影響力も持ってしまうのだ。こうなるとそもそも持たざる者を期待していた視聴者からすれば期待外れということになってしまう。徐々に変化していくならまだ調整していけるのだろうが、急にバズって人気になったりすると一気に期待と実態のズレが出てきてしまう。
最初に見てもらうという意味ではキャッチーなジャンルだと思うのだけど、人気が出ると視聴者の期待しているものから外れてしまうのが必然という点に置いて持たざる者系YouTuberは大変だなぁと思う今日この頃です。